ハンセン ネルス

パートナー
東京

略歴

“Clients single out Nels Hansen for his ‘high level of legal expertise, high level of business understanding and ability to communicate in Japanese.’ He regularly advises domestic and international investment firms and technology corporations on their outbound and inbound acquisitions….”
Chambers Asia-Pacific 2020年度版

経歴

ハンセン ネルスは、東京オフィスのコーポレート/M&Aプラクティスのパートナーです。M&A(合併・買収)や敵対的取引、投資、合弁事業など多種多様な案件について、主にテクノロジー・メディア・通信(TMT)企業やエネルギー関連企業、プライベートエクイティやベンチャー・キャピタル・ファンドに助言し、これまでに取り扱った案件の総額は1000億米ドル(約11兆円、完了ベース)超に上ります。

「物言う株主」(アクティビスト)対応業務においては、米国や日本で標的になった多数の企業に法的支援を提供した経験を有しています。この経験と、エンゲージメントファンドやアクティビストヘッジファンドを代理した案件を通じて得た専門性と知見を東京チーム内で共有することにより、アクティビスト対応に取り組む国内外の企業に対してグローバルな観点から、企業とアクティビストの双方の実情を十分に理解した上で法的アドバイスを提供しています。

ハンセンの主な取扱業務は、国際的な企業による、米国・日本・欧州の上場・非公開企業を対象としたM&A、アジア・欧州・米国のプライベートエクイティ投資・ベンチャーキャピタル投資です。ベンチャーキャピタルとプロジェクトファイナンスが組み合わさった案件における助言が評価され、2018年度のFT Innovative Lawyers Asia-Pacific AwardsのAccessing New Capital and Markets部門において表彰されました。

2020年4月より、法務省が設置する日本法令外国語訳推進会議の構成員を務めています。2015年より、慶應義塾大学法科大学院の非常勤講師として「M&A及び戦略的提携」の授業を担当しています。日本の経済産業省と経済産業研究所での勤務経験があります。

 

登録

  • 2008年 カリフォルニア州弁護士
  • 2011年 ニューヨーク州弁護士
  • 2016年 外国法事務弁護士

 

学歴

  • 2005年 Stanford University (B.S.)
  • 2007年-2008年 慶應義塾大学法科大学院 (ロースクール)特別学生
  • 2008年 Harvard Law School (J.D.)

 

所属

  • 東京弁護士会

 

使用言語

  • 英語
  • 日本語

取扱業務

Panasonic Corporation, a global corporation developing innovative technologies and solutions for wide-ranging applications in the consumer electronics, housing, automotive and B2B sectors, on its 20 percent strategic equity investment in Blue Yonder, a leading US end-to-end supply chain software provider with an estimated enterprise value of US$5.5billion (2020)

Special committee of LINE Corporation (LINE) in the sale process of LINE in its pending take-private by Naver Corp. and SoftBank Group Corp., to be followed by a merger between LINE with internet portal Yahoo Japan Corp., in a transaction valuing LINE at approximately US$12 billion. This transaction was awarded "M&A Deal of the Year: North Asia" at the Asia Legal Awards 2020 and “M&A Deal of the Year (Premium)” at the ALB Japan Law Awards 2020 (2020).

Several Japanese listed companies in their response to investments by activist shareholders (2019 – 2020)

ValueAct Capital in its acquisition of a stake in JSR Corporation (2020)

Mizuho Leasing Company, Limited on its take-private acquisition of Aircastle Limited (NYSE: AYR) with an approximately US$2.4 billion equity value (2020)

A global private equity fund in its acquisition of a biotech startup in the United States (2019)

Mitsubishi Electric Corporation, a global leader in the manufacture and sales of electric and electronic equipment used in energy and electric systems, industrial automation, information and communication systems, electronic devices and home appliances, in its investment in the Series A financing of Realtime Robotics, Inc., Boston-based developer of motion-planning technologies for industrial robots and autonomous vehicles (2019)

A Japanese listed company in its shareholding situation and response to a potential hostile takeover attempt (2018 – 2019)

Kakaku.com, Inc, as lead investor in Singapore-based restaurant management platform provider TabSquare's S$10 million (US$7.2 million) Series B funding round (2018)

ValueAct Capital in its acquisition of a stake in Olympus Corporation, ValueAct's first investment in Japan (2018)