デービッド アルバグリ

ローカルパートナー
東京

略歴

経歴

グローバル知的財産(IP)プラクティスグループに所属する東京オフィスのローカルパートナーです。特許関連訴訟はもちろんのこと、特許権利化、鑑定、戦略的特許ポートフォリオの構築、訴訟提起前のカウンセリングやデューデリジェンス調査まで幅広い知的財産分野においてクライアントに助言を提供すると共に、知的財産関連取引についても取り扱ってきました。特に、医薬品、化学、バイオテクノロジーの分野おいて、多種多様な知的財産案件について助言を提供しています。日本企業や外国企業に対し、米国特許権の保護・行使や国・地域を超えた特許戦略の連携などに関する助言を多数提供してきました。 

米国特許弁護士であり科学者でもあるアルバグリは、それぞれの立場で実務者として豊富な経験を積み重ねてきました。取扱分野は、化学、核酸加工技術、体外診断学、電気化学、マイクロ流体工学、重合体、生化学など幅広い分野に及びます。 

また、三菱化学株式会社(現・三菱ケミカル株式会社)の横浜総合研究所で2年間の特別研究員を経験しました。博士号(Ph.D.)を持ち、米国特許商標庁に登録している米国特許弁護士です。 

母国語の英語または流暢な日本語を用い、特許や知的財産権に関する講演や著書を幅広く頻繁に提供しています。 第一東京弁護士会、米国知的財産法協会、日本国際知的財産保護協会(AIPPI)、日本ライセンス協会、東京IPアメリカン インズ・オブ・コートに所属しています。また、2019年4月から日本国際知的財産保護協会(AIPPI)会誌編集委員を委嘱されています。

 

登録

  • 2004年 米国特許商標庁
  • 2008年 カリフォルニア州弁護士
  • 2012年 外国法事務弁護士

 

学歴

  • 1985年 Princeton University, Department of Chemical Engineering, with honors (B.S.E.) 
  • 1990年 Massachusetts Institute of Technology, Department of Chemistry (Ph.D. ) 
  • 2007年 University of California, Hastings College of Law (J.D. )

 

所属

  • 第一東京弁護士会

 

使用言語

  • 英語
  • 日本語

  • フランス語

取扱業務

講演等

“The Evolving Legal Landscape for Patent Protection of Stem Cells,” The 6th Pan Pacific Symposium on Stem Cells and Cancer Research、Taiwan Neurosurgical Society 2013年4月13日―15日 台湾・新竹市

"Establishing Support for Claims and Claim Amendments with the Specification and Post-Filing Data" 及び"Trends in Post-Grant Procedures under the AIA"、平成26年度第1回「発明の日」記念講演会、一般社団法人日本食品・バイオ知的財産権センター(JAFBIC) 2014年4月15日 東京

「米国特許セミナー 基礎コース」 東芝テクノセンター株式会社 2014年10月30日―12月25日 東京

"2016 ‘Invention Day’ Memorial Lecture" 一般社団法人日本食品・バイオ知的財産権センター(JAFBIC) 2016年4月20日 東京

「ライフサイエンス分野における日米の最新動向とグローバル人材」 平成28年度医療イノベーション人材養成プログラム特別講演会 学際生命科学東京コンソーシアム 2017年1月21日 東京

"Patents & Pharma: An Ever-Changing Global Landscape"Life Sciences Patent Network Asia 2017(LSPN 2017) 2017年10月12日 シンガポール

「PCT国際特許出願とその移行手続きにおける留意事項」 日本弁理士会研修会 2017年10月14日 東京

"Digital Healthcare & Legal Trends, Risks, and Opportunities" 第36回ヘルスケアセミナー"Connected Health" Pharma Delegates 2018年6月20日 東京

"Cross-Border Litigation and Compliance Strategies for 2019" TAIWAN SYMPOSIUM 2018年11月6日ー8日 台湾・台北市、台湾・新竹市

"IP Cases at the U.S. Supreme Court and Federal Circuit & Japan" 東京弁理士会 2018年11月21日 東京

著書・執筆

Might No One Have Standing to Bring Suit?, IP Law 360, November 2007, (Co-author)

Strategies for Litigating False Marking Cases, Daily Journal, March 30, 2010, (Co-author)

"The Fastest Routes for Green Patents", Managing Intellectual Property, August 2012, (Co-author)

Prior User Rights in Japan: They Can't Take That Away from Me, Financier Worldwide Global Reference Guide 2012: Intellectual Property, September 2012, (Co-author)

Japan Patent Act Amendment: How to Compensate Inventors Now?, Lexology, July 8, 2016, (Co-author)