ブライアン G. ストラーン | White & Case LLP International Law Firm, Global Law Practice
Brian Strawn
Brian Strawn

ブライアン G. ストラーン

パートナー
東京

T +81 3 6384 3159

T +81 3 6384 3300

E [email protected]

in LinkedIn profile

“Brian Strawn is especially valued for his fluent Japanese and his sensitive appreciation for the differences between Western and Japanese business cultures.”

Chambers Asia-Pacific 2013

経歴

ホワイト&ケース東京オフィスのM&A/コーポレートプラクティスの共同代表を務めています。クロスボーダーM&A(国際的な合併・買収事案、合弁事業、戦略提携や再編)、商取引、コーポレートに関する問題全般及び商事紛争を含む国際企業取引や商業・金融取引を専門としています。日本における海外企業の運営をサポートし、日本企業による海外事業およびクロスボーダー取引への助言を提供するなど豊富な経験を有しています。

日本においては、法律家または企業家としての25年以上の経験を有しています。豊富な経験に基づき、日本企業に対しては国際的な事業運営に関するあらゆる問題について助言する一方、グローバル企業に対しては日本における経営上の課題や日本の法律の環境について助言しています。

Chambers Asia-PacificやChambers Global、Legal 500 Asia、IFLR1000といった法律ガイドでは常に、国際的M&A分野のLeading Individualとして格付けされています。Chambersは、ストラーンを「M&A案件で非常に豊富な経験と知識を持ち」、「日本クライアントの考え方や価値観を熟知した上で法的助言を提供している」とし、(クライアントが)異口同音に彼を称賛していると述べるほか、「(彼は)『取引の相手方の状況把握とリスク判断』に優れている」と言及しています。関係者からは、「的確なアドバイス」が際立っている、「国際的な企業取引や商業・金融取引について幅広く助言を提供している」といった高い評価を得ています。 

 

登録 

  • 1999年 ニューヨーク州弁護士 
  • 2002年 外国法事務弁護士 

 

学歴 

  • 1994年 Portland State University (B.A.) 
  • 1998年 The George Washington University Law School (J.D.) 

 

所属 

  • New York Bar Association 
  • 第二東京弁護士会 
  • American Bar Association 
  • 在日米国商工会議所 

 

使用言語 

  • 英語

  • 日本語 

取扱業務

著書・執筆

  • Corporate and Project Finance, Japan Business Law, Kluwer Law International, 2007
  • Guide to Japanese Intellectual Property Law, AIPLA Quarterly Journal, Volume 26 No.1

受賞等

Chambers Global

Corporate/M&A: International Firms部門およびRegistered Foreign Lawyers – Japan部門のLeading Lawyerに選ばれました

Chambers Asia-Pacific

Corporate/M&A: International Firms部門およびRegistered Foreign Lawyers – Japan部門のLeading Lawyerに選ばれました

The Legal 500 Asia-Pacific

Corporate and M&A: International Firms 部門およびJoint Ventures: Foreign Lawyers – Japan部門のLeading Individualに選ばれました

IFLR 1000

M&A – Japan部門のLeading Lawyerに選ばれました